NO MUSIC, NO LIFE! ジャズシンガー・ヒガシエミの オフィシャルブログ です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒガシエミ・オフィシャルブログ
『Groovy Groovy』ブログサイトが変わりました!


↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/higashiemi/


新サイトは アメーバブログ になります。
今までと同様にライヴ情報や、音楽・JAZZの情報をお伝えしていきます!
今後は 新『Groovy Groovy』 にアクセスしてください♪

お待ちしております!!

ヒガシエミ


※2005年11月から掲載した記事は、今お開きのこちらのブログサイト(http://higashiemi.blog34.fc2.com/)でのみご覧頂けます。ご了承ください。





スポンサーサイト

2009年、明けましておめでとうございます!!


新しい年が始まって、はやくも三日目。
ほんとう、一日一日を大切にしていきたいものです。


昨年は、秋から本格的にライブ活動を復活して、
唄う楽しさ、ライブの面白さ、ジャズの気持ち良さ、
そして音楽の素晴らしさを再確認しました。


今年は、より「質の良い音楽」を目指して、
ヒガシエミの世界を表現、そしてカタチにしてゆけたらと思います。



どうぞ 新しい年も よろしくお願いいたします!


ヒガシエミ









ガーベラ2


今年もあと数時間でおしまいとなりました!
もういくつも寝なくても、
今夜が明けたら新しい年の始まり。


ゆく年。くる年。



今年一年、応援してくださった皆さま、
関わってくださった全ての皆さま、
『Groovy Groovy 』 にいつもご訪問してくださる皆さま..

心からの感謝の気持ちを込め御礼申し上げます。

ありがとうございます!!



来る2009年は、
より “ 質の良い音楽 ” をお届け出来るよう精進するとともに、
より多くの素晴らしい音楽、そしてミュージシャンのみなさんと
調和・融合してゆけたらなと思います。

どうぞよろしくお願いします!



それでは 良いお年を。




ヒガシエミ








20081215 Xmashadow2

Although it's been said many times and many ways
Merry Christmas To You...


と言うわけで、先日12月15日(月)は、
JazzBar FILL IN@新宿曙橋でのライヴでした。


お越し下さいましたみなさま、ありがとうございました!


このライヴでは、クリスマスまで10日ということで、
三曲のクリスマスソングをはじめ、
ジャズのスタンダードナンバーからディズニーでお馴染みの曲、
映画音楽、カーペンターズの曲etc..
バラエティーに富んだセットリストにしてみました♪


ワタシ自身もそうですが、
やはり聴き慣れた曲を生演奏で聴けると言うのは
純粋に楽しいものですもんね。


今後も、みなさんが口ずさめる名曲や、
ジャズマニア受けしそうな曲のなかでも
メロディー&歌詞が心に深く染み渡るものをチョイスして、
お楽しみいただこうと思います!



【ソングリスト@FILL IN(2008.12.15)】

<1st stage>

・White Christmas
・WInter Wonderland
・Lover Man
・No More Blues
・Lullaby Of Birdland


<2nd stage>

・Smoke Gets In Your Eyes
・This Masquerade
・Route 66
・The Christmas Song
・What A Wonderful World


<3rd stage>

・Over The Rainbow
・The Gift(Recardo Bossa Nova)
・When You Wish Upon A Star
・Cry Me A Rievr
・How High The Moon



次回のFILL IN@新宿曙橋の出演は
来年2月23日(月)になります!










と言えば、やっぱりこの時期、
クリスマス曲をライブで唄えることでしょうか。
ああ、幸せ…。


というわけで、昨日(12月13日土曜日)のライブ@池袋ばがぼんど では、
16曲中3曲をクリスマスソングにしてみました。


♪The Christmas Song
♪White Christmas
♪Winter Wonderland


数あるクリスマスの曲のなかでも飛び切り好きなのは、
「The Christmas Song」。
lyrics が何気ないクリスマスの風景を温かく表現しているのが素敵です。



Everybody knows a turkey and some mistletoe
Help to make the season bright
Tiny tots with their eyes all aglow will find it hard to sleep tonight..

七面鳥 や ヤドリ木は この季節を光り輝かせてくれる
興奮して 瞳をキラキラ輝かせる ちびっ子たち
きっと今夜は眠れないことでしょう..



And every mother's child is gonna spy
To see if reindeer really know how to fly...


そして どの母親の子供も 気分はスパイ
ほんとうに トナカイが空を飛ぶのか 見たがっている...




Nat King Coleが唄うこの曲をこれまでに何度聴いたことか。。。
Coleの響きある低音とクリアな英語の発音が本当たまりませーん。




昨晩出演したお店 ばがぼんど さんの店内は
思い切りクリスマスのデコレーションが施されていて、
クリスマスムード全開。クリスマス曲は必須♪


お客さまも皆さん ゆったりくつろいで 聴いてくださっているご様子で、
その姿にワタシ自身が 癒されました~。
お越しくださいました皆さま、ありがとうございました。



今回のピアニストは久々共演の杉山美樹さん。
相変わらずのご機嫌な演奏がホント素敵☆
内海鉄二さん(ts)と広永純二さん(bs)と共に、
とっても楽しい4ステージでした~!



【今回のソングリスト】

<1st stage>

・Lullaby Of Birdland
・I Can't Give You Anything But Love
・The Christmas Song
・No More Blues


<2nd stage>

・Smoke Gets In Your Eyes(リクエスト)
・This Masquerade
・Route 66
・White Christmas


<3rd stage>

・Over The Rainbow(リクエスト)
・The Gift(Recardo Bossa Nova)
・Winter Wonderland
・All Of Me


<4th stage>

・Cry Me A River
・Blue Skies
・How High The Moon
・What A Wonderful World





そして、明日 月曜日(12月15日)
JAZZBAR FILL IN @新宿曙橋で唄ってます。
こちら おすすめクリスマスライヴ です!


日時:12月15日(月)
場所:JAZZBAR FILL IN @新宿曙橋
http://fillin.hiciao.com/

ヒガシエミ(vo)
YASU(ds)グループ




Although it's been said many times many ways
Merry Christmas to YOU !!






a christmas night


もう少しで師走。師走と言えばクリスマス!
今年もジャジーなクリスマスライヴをお届けします♪


おすすめクリスマスライヴ

日時:12月15日(月)
場所:JAZZBAR FILL IN @新宿曙橋

http://fillin.hiciao.com/

ヒガシエミ(vo)
YASU(ds)グループ



日時:12月13日(土)
場所:ばがぼんど @池袋
http://www.vagabond.jp/

内海鉄二(ts)グループ
ヒガシエミ(vo)






A Change Is Gonna Come / Sam Cooke




2008年11月4日(米時間)、第44代アメリカ大統領に
民主党のバラック・オバマ氏が就任しましたね!


初の黒人(アフリカ系米国人)大統領の誕生に、
世界から大きな注目が集まる中、
オバマ氏の勝利演説には深い感動を覚えました。


2012年をさかいに私たちの地球は、
大きな意識変革があると言われています。

それは、これまでのエゴ・物質至上主義社会から、
精神的・平和的な価値感が重視される
“ 調和の時代 ” への変化なのだそうです。


“融合・団結”という印象が残ったオバマ氏の勝利演説。
意識的にしろ、無意識的にしろ、
何かこの2012年に向けての表明とも感じられるのは、
ワタシだけでしょうか。。



下記は、オバマ氏の勝利演説の抜粋です。(対訳はヒガシエミ)




It's the answer spoken by young and old, rich and poor, Democrat and Republican, black, white, Hispanic, Asian, Native American, gay, straight, disabled and not disabled.


(今回の選挙結果は)
若者やお年寄り、お金持ちや貧しい人、民主党員や共和党員、黒人、白人、ヒスパニック、アジア人、ネイティヴアメリカン、ゲイやストレート、障害者や非障害者たちによって出された答えだ。




But above all, I will never forget who this victory truly belongs to.
It belongs to you. It belongs to you.



しかし何よりもまず、私はこの勝利が本当は誰のものなのか、絶対に忘れることはないだろう。この勝利はあなた方のものだ。あなた方のものなのだ。




I was never the likeliest candidate for this office. We didn't start with much money or many endorsements. Our campaign was not hatched in the halls of Washington. It began in the backyards of Des Moines and the living rooms of Concord and the front porches of Charleston. It was built by working men and women who dug into what little savings they had to give $5 and $10 and $20 to the cause.


私はホワイトハウス(this office)の候補者には最も遠い存在だった。選挙資金も多くの支持もない状態でのスタートだった。我々の選挙運動(campaign)は、ワシントンのホールで企画されたものではない。デス・モイネスの裏庭やコンコードのリビングルーム、チャールストンの玄関で始まったものだった。それは、少ない貯えの中から5ドル、10ドル、20ドルを寄付した労働者の方によって支えられたものだ。




This victory alone is not the change we seek. It is only the chance for us to make that change. And that cannot happen if we go back to the way things were.


この勝利のみが、我々が求めてきた変革ではない。これは変革を起こすための一つのチャンスに過ぎない。もし我々が過去のやり方にまた戻ってしまったなら、変革は起きない。




So let us summon a new spirit of patriotism, of responsibility, where each of us resolves to pitch in and work harder and look after not only ourselves but each other.


だから我々一人ひとりが熱意を持って取り組むことを決意し、自分たちのことだけではなく、お互いのケア(面倒)をみるという、新しい形の愛国主義、責任の精神を呼び起こそう。




Let us remember that, if this financial crisis taught us anything, it's that we cannot have a thriving Wall Street while Main Street suffers.


覚えておこう。もしもこの金融危機が我々に何かを教えてくれたのだとしたならば、それはメインストリートが苦しんでいる時に、ウォールストリートが繁栄するのはありえない、ということだ。




She was born just a generation past slavery; a time when there were no cars on the road or planes in the sky; when someone like her couldn't vote for two reasons -- because she was a woman and because of the color of her skin.


(有権者のひとり、106歳のアン・ニクソン・クーパー氏について)
彼女は奴隷時代のほんの一世代が過ぎた頃に生まれた。道に車はなく、空には飛行機がない時代だ。彼女のような人々はその時代、2つの理由で投票ができなかった。それは彼女が女性だったこと、そして肌の色からだ。




And tonight, I think about all that she's seen throughout her century in America -- the heartache and the hope; the struggle and the progress; the times we were told that we can't, and the people who pressed on with that American creed: Yes we can.


そして今宵、私は彼女が見てきたアメリカの一世紀について考える。苦悩と希望。苦労と進歩。我々にはできないと教えられてきた時代。そして人々がそう信じさせられてきた時代。けれど、我々はできる。




we are one; that while we breathe, we hope. And where we are met with cynicism and doubts and those who tell us that we can't, we will respond with that timeless creed that sums up the spirit of a people:

Yes, we can.



(今、根本的な真実を再確認するときだが、まずは)
我々は一つであるということ。我々はどんなときも希望を持つということ。そして我々に “君たちはできない” と冷ややかで疑い深くいう人々に対して、我々はその精神を前向きにさせるこの信念で応えよう。

「我々はできる(Yes, we can)」と。








オバマ氏の勝利演説が試聴出来ます。
President-Elect Barack Obama in Chicago



勝利演説の全英文は こちら












日時:11月8日(土)
場所:ばがぼんど @池袋
http://www.vagabond.jp/

内海鉄二(ts)グループ
ヒガシエミ(vo)



美味しいお料理とお酒、そして生のジャズ演奏をどうぞ♪
英国風居酒屋な落ち着いたたたずまいが、
日々の疲れを忘れさせてくれます。

ぜひ、ジャズを聴きに、そして飲みに、遊びにお越し下さいませ^^
心よりお待ちしております!








081022FILL IN@曙橋


やっぱりライブ、ジャズが最高っす!
というわけで、先週出演した2つのライブレポートを♪


10月22日(水)は、新宿曙橋にある JAZZBAR FILL IN で唄ってました!
こちらは、音楽活動を小休止する前にレギュラー出演させて頂いたお店。
再び温かく迎えてくださったオーナーでドラマーのYASUさん、
ママの笑顔がとても嬉しかったです。


今回の共演のみなさんは、 後ろ姿もイケメンな中村泰介さん(pf) 、
若干22才の上田竜弥さん(bs) 、オーナーのYASU氏(ds)。


そしてこの日は、有り難いことに 満員御礼
お越しくださったお客様のなかには、ピアニストの方をはじめ、
つい先日までアメリカはニューヨーク、そしてボストンで、
ボーカルトレーニングを受けていたシンガーの方が2名いらして、
もちろん、飛び入りで演奏、歌声を披露して頂きました♪


更に、このライブには、テレビ撮影 が急遽入ることとなり...
以下の番組でその模様を一部放映予定なので、
お時間のある方はご覧になってください!


■タイトル
「歌声の科学(仮題)」

■放送日 11月15日(土) 夜19:00~19:30
■再放送 11月23日(日) 朝6:00~6:30
■放送局 東京MXテレビ(地上デジタル9ch/UHF14ch)

ガリレオチャンネル 
http://www.web-wac.co.jp/tv/galileo.html



とにかく、ライブに足を運んでくださったみなさま、
本当にありがとうござました!!

次回、こちら「FILL IN」には 12月15日(月)に出演 します!
ぜひ、一足早いジャジーな クリスマス をご堪能くださーい。





次に、10月25日(土)は、今回初出演の池袋にあるお店 ばがぼんど
英国パブ風なたたずまいが何とも落ち着くなか、
多種多様な美味しいお料理とお酒で
お客様をもてなしてくれるご機嫌なお店でした。


お店の中央にはグランドピアノがドーンとあるのが素敵でしたが、
今回は、テナーサックス、ギター、ベースのトリオ編成。
ドラムレスですが、古風なこちらのお店の雰囲気には
これもまた合っているのかもしれませんね♪


共演のみなさんは、リーダーの内海鉄二氏(ts)、
9月にご一緒させて頂いた広永純二氏(bs)、 そして中村嘉博氏(gt) 。


今回、とっても印象的だったのが、お店定番の演出。
一番最後のステージの最終曲は、
毎回「 What A Wonderful World 」 がお決まり曲とのこと。
この曲といば、まさにわたくし ヒガシエミの 定番曲 でございます!!
たっぷりと心を込めて唄わせて頂きました~♪


この日のライブには、10月初旬にあった パーティー でお会いした方が
お友達とご一緒に来てくださり、ご縁の繋がりの有り難さを実感しました。
Kさん、Aさん、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!


次回、こちら「ばがぼんと」には 11月8日(土)に出演 します!






日時:10月22日(水)*3shows・20:00~
場所:JAZZBAR FILL IN @新宿曙橋 
http://fillin.hiciao.com/

ヒガシエミ(vo)
中村泰介(pf)
上田竜弥(bs)
YASU(ds)

*当日、テレビ局の撮影が入る予定です。ご了承ください。よろしくお願いいたします。



日時:10月25日(土)
場所:ばがぼんど @池袋
http://www.vagabond.jp/

ヒガシエミ(vo)
広永純二(bs)
内海鉄二(ts)
中村嘉博(gt)





// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Groovy Groovy all rights reserved.
プロフィール

ヒガシエミ

Author:ヒガシエミ
photo by Yoshitaka Kotani


東京生まれ東京育ち。
4歳でエレクトーンを弾き始める。幼い頃からTV等で流れる曲に合わせすぐハモる子だった。
イギリス留学から帰国後、本格的に音楽活動を開始。FM横浜「ヨコハマミュージックアワード」にノミネート。“今月のエントリーアーティスト”としてラジオ番組内およびインターネット上で放送される。2000年、某音楽事務所のオーディションに合格。5人編成のアカペラグループのリードヴォーカルとして、数多くのブライダル、イベントに出演。レコーディングにも参加。その後、ジャズコーラスの経験を経て、女性4声のコーラスグループ「4 Season's Greetings」を発足。
現在は、ソロ・ヴォーカリストとしての活動を中心に、東京都内等でジャズをメインにライヴを行なう。ジャズヴォーカルの師匠は持たず、崇拝するWynton Kelly(p)とCarmen McRae(vo)、そしてジャズジャイアンツのCDを聴きあさる日々を過ごし現在に至る。



【ずーっと中毒】
Wynton Kelly
Carmen McRae

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
最近のトラックバック

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。