NO MUSIC, NO LIFE! ジャズシンガー・ヒガシエミの オフィシャルブログ です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070212021645.jpg

“I fall in love too easily, I fall in love too fast,
I fall in love too terribly hard.....”



Shirley Hornが歌う
『 I Fall in Love Too Easily 』を久々に聴きました。

キュン。。。
切ないですね.....この曲。




切ないと言えば
『Cry Me A River』......これも相当です。。。

“Now you say you're sorry for bein' so untrue.
Well, you can cry me a river, cry me a river,
I cried a river over you..... ”



Julie Londonの歌声があまりに有名でぐぐっときますが、
Diana Krallが歌う「Cry Me A River」も
結構好きだったりします。



この2曲を語るように歌えたらどんなに素敵か...。
当分この2曲にハマりそうです。



*写真は、 Shirley Hornのアルバム『I REMEMBER MILES』のジャケ。 この中の “I Fall in Love Too Easily” を今日久々に聴いたのですが、同アルバムに収録されている “This Hotel” もまた、 かなり、きます。。。ちなに、このジャケの絵はMiles Davis作。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

20060603111759.jpg


「The Great American Songbook」
CARMEN McRAE

Carmen McRae, vocals and piano
Joe Pass, guitar
Jimmy Rowles, piano
Chuck Domanico, bass
Chuck Flores, drums

*Recorded live at Donte's, Los Angeles, California, 1971.



Carmen McRaeが大好きです。
それまで、Wynton Kellyを筆頭にインストジャズばかりを聴いていて、ヴォーカルものまでなかなか手が伸びなかったのですが、Carmen McRaeのこのアルバムを聴いてから、『Swingしながら語る』という、ジャズヴォーカルの究極のスタイルを知りました。


『Swingしながら語る』

ジャズの命「Swing」を持って、聴く人の心に染み渡る歌を歌う(語る)。
決して、言葉がSwingに乗っかっているだけの状態ではなく、
Swingというジャズ特有のスタイルをきちんと表現しつつ、
その中でその曲の持つ物語を伝えていく・・・

ジャズを歌うヴォーカリストとして、これが究極の状態なのではないかと、
最近つくづく感じます。

が、やはり、「Swing」なんて、一朝一夕で表現できるわけでもなく・・・
また、ジャズはアメリカの音楽だから言葉が英語であるからこそ収まりがいいのですが、
が、この英語は自分にとって母国語ではなく・・・


・・・・・本当に、難しいです。



話がGroovyアルバム紹介から大分それてしまいましたが、
この「The Great American Songbook」 はCD2枚組のライヴ版で、
「このセッションは、私の音楽生活の中で最も満足のゆくものです」
とカーメン本人が言っている通り、Swing感、インタープレイ、語り、そして聴衆との一体感、どれをとっても十二分に楽しめるアルバムだと思います。


どの曲も本当に素晴らしいのですが、
ワタシ個人的には下記の楽曲を特筆したいです♪


【Satin Doll】
Chuck Domanico(bs)とCarmenの指パッチンだけのイントロから、強烈にSwingしまくってます!ドマニコの安定したベースのなかでカーメンが自由に遊ぶ…最高!音数が少ないのに非常に音に厚味があり、Swingy! 途中、Joe Pass(gt)にソロを回す時のカーメン「Joe Pass!」との呼びかけが、また格好いい~♪

【Day By Day】
ドライヴ感、Groovy感がたまらない、超ご機嫌なプレイ☆
曲が終わって聴衆から割れんばかりの拍手と「ブラボー!!」との叫び声の意味が、すごーくすごーくよくわかますっ^^

【A Song For You】
ジャズのスタンダードではないこの曲を、完璧にジャズにしているカーメン。歌詞の1粒1粒が心に染み落ち、その言葉を優しく包むドマニコのアルコ弾きが、また非常に泣かせてくれます…。

【The Ballad Of Thelonious Monk】
Jimmy Rowles(pf)作詞、作曲のこの曲。「ウェスタンしか知らないカウボーイが、セロニアス・モンクの “ルビー・マイ・ディア” が好きになって、馬と一緒に聴きに行く」という内容の歌詞(笑)。楽曲のユニークさもさることながら、カーメンはどんな曲でも、楽器のようにリズムをGroovyに刻んで爽快感たっぷりに歌い上げるな~と痛感でき、本当に嬉しくなります。

【I'll Remember April】
以前、このブログ「Groovy Groovy」でも書きましたが、この曲に入る前のカーメンの
「one, two, U know what to do」とのカウントから既にSwingしまくっている、超GroovyなTune!曲の所々で入るカーメンのスキャットも最高!!ワタシ自身、自分のライヴの前などは、イメージトレーニングのためにこの曲をよく聴きます^^



ケリーと同様に、どんどん増えていくカーメンのアルバム。
また、紹介します!

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

200605272301000.jpg

「BLUE'S MOODS」
BLUE MITCHELL with Wynton Kelly, Sam Jones, Roy Brooks

RICHARD “BLUE” MITCHELL, trumpet
WYNTON KELLY , piano
SAM JONES, bass
ROY BROOKS, drums

*New York City; August 24 and 25, 1960.



最近、このアルバムにハマってます(笑)。

知人のジャズマンからこのアルバムはいいよと勧められ、早速購入。
うむう~む。いいですね~^^♪
ケリー好きのワタシは、まずはどうしてもケリーに耳を傾けて聴いてしまうのですが、何度も聴いていくうちにBLUE MITCHELLのクールで知的なプレイ&音色が病み付きになるし、Sam Jones, Roy Brooksもかっこいい!

特にオープニングチューンの「I'll Close My Eyes」は絶品♪
なんて言うんだろう、この曲全体、音にすごくキレがあってオシャレで、そして流水のように気持ちよく流れていく・・・曲が終わると、乾いた喉が水を求めるようにまたすぐに聴きたくなってしまう・・・。
現在のワタシの『ハマりチューン』であることは間違いないです。


というわけで、
楽器は弦楽器(ピアノ、ギター、ウッドベース等)が好きなのですが、
ここ最近は管楽器(特にtp)にハマってます。

あー、自分も楽器でジャズが演奏できたら、どんなに楽しいんだろ。。。



ジャズって本当に気持ちいい!
やっぱり、ワタシ・・・

“ジャズが好き!”

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

20060109033728.jpg

「Full View」
the WYNTON KELLY trio

Wynton Kelly, piano
Ron McClure, bass
Jimmy Cobb, drums

*Recorded in 1967, New York City



最近の買い物は、もっぱらジャズのアルバム。
好きなアーティストのアルバムは勿論、人がお薦めしてくれたり、書籍や雑誌、ネット等のディスク・レビューを読んでいると、全部欲しくなっちゃう。。。

と言う訳で、昨年から着実にその数は増えつつあるのですが、結局気づくと毎日同じアルバムばかりを聴いてしまうんですよね…。

いやはや、そんな日課のように現在聴いている ワタシの “Groovyアルバム” は
Wynton Kelly 「Full View」。

たびたびこの “Groovy Groovy” で Wynton Kelly の名をあげていますが、Kellyがジャズの楽しみ方を教えてくれたと言えるほど、Kellyとの出会いは衝撃的でした(笑)!

そんなWynton Kellyのリーダーアルバム、サイドメンとしてのアルバム共に、手元にあるその数はまだほんの数枚ですが、「KELLY at midnite」、「KELLY GREAT」、「KELLY BLUE」etc...傑作の魅力もさることながら、飾り気がなくシンプルだけれど強烈なSwingで迫って来るこの「Full View」は、間違いなくワタシのなかでどんどんハマっていくGroovyなアルバムの1枚です。

このアルバムのどの曲もお気に入りですが、特に『Autumn Leaves』は、 “枯葉” の通称でお馴染みのKellyの名盤「WYNTON KELLY!」に収録されている『Autumn Leaves』同様、いや、それ以上にぞくぞくする自分がいます。



うむむ。噛めば噛むほどに味がでるスルメの如く、聴けば聴くほど病み付きになるKellyの“Groove” がタマラナイ…。


やっぱり好きだな…ケリー!

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

「Bags meets Wes!」
Milt Jackson and Wes Montgomery 
The Bags & Wes!

ジャズの聴き方、楽しみ方を教えてくれた1枚。
特に1曲目の「S.K.J.」は超ご機嫌。
M.JacksonとW.Montgomeryの好演は言うまでもないが、
ワタシがこの曲(CD)で特筆したいのは、Wynton Kellyのピアノです。
楽曲「S.K.J.」内のKellyのピアノソロが始まるやいなや、それまでになかった大きなGrooveが動き出す。本当、たまらない! 気持ちイイーー!!

ジャケ写のMilt JacksonとWes Montgomeryの笑顔が、またご機嫌♪
「このGroove、分かるかい?ハハハ」
そう、笑みながら語りかけて来そうな優しい2人の顔。

ワタシにとって “Groovy Groovy” な一枚です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Groovy Groovy all rights reserved.
プロフィール

ヒガシエミ

Author:ヒガシエミ
photo by Yoshitaka Kotani


東京生まれ東京育ち。
4歳でエレクトーンを弾き始める。幼い頃からTV等で流れる曲に合わせすぐハモる子だった。
イギリス留学から帰国後、本格的に音楽活動を開始。FM横浜「ヨコハマミュージックアワード」にノミネート。“今月のエントリーアーティスト”としてラジオ番組内およびインターネット上で放送される。2000年、某音楽事務所のオーディションに合格。5人編成のアカペラグループのリードヴォーカルとして、数多くのブライダル、イベントに出演。レコーディングにも参加。その後、ジャズコーラスの経験を経て、女性4声のコーラスグループ「4 Season's Greetings」を発足。
現在は、ソロ・ヴォーカリストとしての活動を中心に、東京都内等でジャズをメインにライヴを行なう。ジャズヴォーカルの師匠は持たず、崇拝するWynton Kelly(p)とCarmen McRae(vo)、そしてジャズジャイアンツのCDを聴きあさる日々を過ごし現在に至る。



【ずーっと中毒】
Wynton Kelly
Carmen McRae

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー
最近のトラックバック

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。