NO MUSIC, NO LIFE! ジャズシンガー・ヒガシエミの オフィシャルブログ です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Bags meets Wes!」
Milt Jackson and Wes Montgomery 
The Bags & Wes!

ジャズの聴き方、楽しみ方を教えてくれた1枚。
特に1曲目の「S.K.J.」は超ご機嫌。
M.JacksonとW.Montgomeryの好演は言うまでもないが、
ワタシがこの曲(CD)で特筆したいのは、Wynton Kellyのピアノです。
楽曲「S.K.J.」内のKellyのピアノソロが始まるやいなや、それまでになかった大きなGrooveが動き出す。本当、たまらない! 気持ちイイーー!!

ジャケ写のMilt JacksonとWes Montgomeryの笑顔が、またご機嫌♪
「このGroove、分かるかい?ハハハ」
そう、笑みながら語りかけて来そうな優しい2人の顔。

ワタシにとって “Groovy Groovy” な一枚です。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽


管理者にだけ表示を許可する
http://higashiemi.blog34.fc2.com/tb.php/2-56935baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Groovy Groovy all rights reserved.
プロフィール

ヒガシエミ

Author:ヒガシエミ
photo by Yoshitaka Kotani


東京生まれ東京育ち。
4歳でエレクトーンを弾き始める。幼い頃からTV等で流れる曲に合わせすぐハモる子だった。
イギリス留学から帰国後、本格的に音楽活動を開始。FM横浜「ヨコハマミュージックアワード」にノミネート。“今月のエントリーアーティスト”としてラジオ番組内およびインターネット上で放送される。2000年、某音楽事務所のオーディションに合格。5人編成のアカペラグループのリードヴォーカルとして、数多くのブライダル、イベントに出演。レコーディングにも参加。その後、ジャズコーラスの経験を経て、女性4声のコーラスグループ「4 Season's Greetings」を発足。
現在は、ソロ・ヴォーカリストとしての活動を中心に、東京都内等でジャズをメインにライヴを行なう。ジャズヴォーカルの師匠は持たず、崇拝するWynton Kelly(p)とCarmen McRae(vo)、そしてジャズジャイアンツのCDを聴きあさる日々を過ごし現在に至る。



【ずーっと中毒】
Wynton Kelly
Carmen McRae

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
最近のトラックバック

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。